薬剤師求人高収入@トップページ > 東京・大阪の薬剤師は高収入?

東京・大阪の薬剤師は高収入?

東京や大阪といった日本を代表する大都市で働く場合、ほとんどの職種、業種が高収入を期待できます。しかし薬剤師の場合、これらの地域は年収がそこまで高いわけではなく、特に大阪の北摂地域の場合、低い部類に入ってしまいます。これはなぜかというと薬剤師の数が足りており、需要と供給の関係で、薬剤師を採用する側の需要より薬剤師として働きたいという人の供給の方が上回っており、その需要と供給のバランスによって給与も低くなるというわけです。

東京の場合、薬剤師の年収は500万円から600万円程になります。そこまで低いわけではありませんが、決して高収入であるとは言えません。大阪の場合も同様で、年収は500万円から600万円程となっています。東京の場合では特に渋谷区、新宿区、中央区、千代田区、港区といった地域はとりわけ低い傾向にあります。これらの地域は交通の便が良く、薬剤師として働きたいという人が多いため、年収は低くなるのです。

東京や大阪で薬剤師として働く場合、高収入は期待することはできませんが、利便性に富んでいるため働きやすいということもあるでしょう。ただ、給与がもっと高ければ良いと思う人も同時にいるかもしれません。薬剤師として高収入で働きたいのであれば、東京や大阪のような大都市ではなく、人口も少ない過疎の離島がおすすめです。離島の場合、慢性的に薬剤師が足りていないので、その分年収は高くなります。ただ生活のしやすさなどを考えると、一度大都市での生活に慣れてしまうと離島での生活は耐え切れないものになるケースも考えられます。

就職する際に一番気になるのは給与かもしれません。もちろん高収入であればあるだけ良いのですが、高収入の場合、気をつけなくてはいけないのはその仕事が土日をきちんと休むことができ、残業が多くないかなどといった働きやすさの点でしょう。高収入の場合、激務であったりなかなか休みが取れなかったりという場合もあるので、そういったことも就職前にはきちんと把握しておかなくてはいけません。給与だけで就職すると失敗してしまう可能性もあるのです。

東京や大阪では高収入は望めないというのは先述した通りですが、平均すると高収入でないというだけであって、もちろんそれぞれの就職先によっては平均より高いところもありますから、諦めないで探してみることも大切です。大都市で働くにはそれなりのメリットとデメリットがあるということも覚えておきましょう。

>> TOPページで高収入の薬剤師求人に強いサイトランキングをチェック!