薬剤師求人高収入@トップページ > 新卒で高収入の薬剤師求人は?

新卒で高収入の薬剤師求人は?

新卒で高収入の薬剤師求人として一例を挙げるのであれば、ドラッグストアの大手企業が新卒に600万円の年収を提示したことで業界関係者を驚かせたというケースがあります。新卒で600万円の年収はかなり高い部類になります。なぜこのような高収入を提示したのかというと、薬剤師の新卒の応募が集中するのが病院勤務になっており、ドラッグストアを希望する学生が少ないことが理由の一つです。自分の薬剤師としての専門知識をより活かしたいがため、病院勤務を志願する学生が多いようです。

ただ、病院勤務はそこまで高収入ではありません。新卒で年収が高めになっているのはドラッグストアで、新卒の初任給は手当て込みで30万円前後となっているのが多いです。他職種、他業種の新卒の初任給が平均すると22万円前後であるのに対し、30万円というのは高収入であると言えるでしょう。また、正社員として働く間にどんどん給与は上がっていくので、更なる高収入を望めることになります。

薬剤師の平均月収は30代後半で35万円程度だと言われています。それが新卒で年収が600万円だったり、月収が30万円だったりというのは高収入であると言えるでしょう。さらに、新卒の時にはそこまで高収入でないにしても、経験を積んでスキルを身に付けることができれば給与がアップするような企業もあります。長期的な目で見ると、最初の給与がそこまで高くなくても働き続ける間に給与がアップするのであれば悪いことではありません。

新卒として働く際に高給与なところに就職し、給与がなかなかそこから上がらないのであれば、転職することも視野に入れると良いかもしれません。薬剤師が転職するということは今は珍しいことではなく、薬剤師不足が慢性化している地域ではより高収入で働くことができます。薬剤師という資格さえ持っていれば、様々な働き口があるということも覚えておきましょう。

新卒で高収入で働きたいのであれば、そういった就職先を探すことが大切です。その際は、薬剤師専門の就職エージェントを利用するとスムーズにいくかもしれません。新卒は1回しかないので、そのチャンスを逃さないよう、使えるツールは沢山使って納得のいく就職活動を送ることをおすすめします。就職エージェントに登録すると希望を聞かれるので、新卒で高収入なところがないか聞いてみましょう。キャリアコンサルタントがその希望通りの求人を探してくれるので、便利に活用することができます。

>> TOPページで高収入の薬剤師求人に強いサイトランキングをチェック!