薬剤師求人高収入@トップページ > 薬剤師で年収1000万円は可能?

薬剤師で年収1000万円は可能?

薬剤師として人生を過ごすと決めるからには、生涯年収はどれくらいなのか、家族を作り養うには、老後はと、収入面を事前検討しておかなければならないと思います。薬剤師の年収がどれくらい見込めるかわかると、薬剤師として生きてゆくぞという決意になるのではないでしょうか。

薬剤師で年収1,000万円は可能なのか?考えてみる事にしましょう。まず薬剤師の平均年収は500万円前後が相場になります。正社員薬剤師の場合、新卒で年収400万円台前半からスタートします。数年の後に年収500万円台となり、管理薬剤師となると600〜700万円くらいの年収が望めるようになるようです。

収入の差は、勤続年数の他に、薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社など勤務する業態や、所属する病院や企業の業績・給与規定のあり方によって開きがあります。ドラッグストアや大手製薬会社では、給与水準が高い傾向があります。病院でも私立や公立などで収入に違いが出てきます。

年収1,000万円を越える年収の薬剤師さんは存在するのかというと、実際存在するようです。製薬会社で着実にキャリアを重ねた、年収1,000万円以上の薬剤師の方。大手ドラッグストアチェーンで管理薬剤師のさらに上のポジションのエリアマネージメントを本部スタッフとしてされている方や、大規模病院の薬事部長の方など。非常に少数ではありますが、確実に存在しています。これはさらに稀なケースですが、薬剤師ご自身が薬局を開局し、チェーン店経営をする経営者になった方が年収1,000万円台という話しがあります。

特殊な例ですが、こんな話しもあります、へき地薬剤師で住居付きで年収1,000万円という求人案件です。その土地で働ける、仕事内容も納得というのであれば、こうした特殊な案件も可能性として考えられますね。住宅手当を考えると実際には年収800万円くらいの求人なのでしょうけれど。

とにかく年収1,000万円求人があることはわかりました。大切なのは、年収1,000万円に自分の可能性を近づける事が出来るのかどうかということではないでしょうか。製薬会社に入社し年収500万円台からスタートして、着実にキャリアを積んだ結果年収1,000万円になったということであれば、生涯収入が安定します。なかなか転職時に1,000万円求人に採用になるという確立は低いのです。前職で役職に就いていて年収900万円だったと言う方は可能性があるかもしれません。

>> TOPページで高収入の薬剤師求人に強いサイトランキングをチェック!

>> 食品メーカーの薬剤師で年収1000万円は可能なのか?